PAGETOP

トゥモロー&コンサルティング株式会社

トゥモロー&コンサルティング株式会社

BLOG
ブログ

2019/04/19
QOL vol.5 生産性の改善に着手!
カテゴリ:QOL企業
生産性と経営

社員の人生の充実に必要な2つのこと

弊社の場合、社員が望む充実感とは、

もちろん個人の叶えたいライフスタイルのの実現なのだが、

その為に2つのことを叶える必要が出てきました。

 

〔働き方に柔軟性があること〕

〔給料が高いこと〕

 

この2つである。

チームで仕事をしている以上、ある程度の原則はもちろんあるが、

働く時間や曜日を比較的気軽に変えられるようにしている。

 

また、できる限り給料は高くしたいと思っている(私が)

 

自由にはコストがかかる

いざ、やってみると人件費は必要の1.3倍はかかっている。

シフトを自由にする為に、人の数を増やす、そうなれば管理費などが増えるし、

引継ぎのために会議の時間が増えるからだ。

 

だからこそ「生産性」を高める必要があるのだ

働き方の柔軟性と給料の獲得を目指すために、

生産性を高めることにした。

以前から日本のGDP(国内総生産)が低いことも気になっていたし、

海外の人は良く働き、よく長期休暇を取っているのに、

物価が高い!

 

私の会社も良く働き、よく自分の時間を取り、

そして、収入も多くあって欲しいと願う。

 

生産性を見る時間単位を改善する

1時間当たり、1週間、1ヵ月、3カ月、半年・・・

どれくらいのスパンで生産性を見るか?が大切になるし、

また社員に還元するタイミングも大切だと思う。

 

ということで、私は生産性をこう考えることにした

 

作業を1秒減らし、考える時間を1秒増やす

 

おそらくだが作業は1秒でも減らしたほうがいい。

そしてアイデアなどクリエイティブな時間に費やすほうが

最終的に生産性が高いと考えている。

 

だから、作業は1時間単位で。

業務はプロジェクト単位で。

生産性をはかることにした。